ハルジオン (春紫苑)・ヒメジョオン (姫女菀) 花言葉

花・花言葉

ハルジオン (春紫苑)・ヒメジョオン (姫女) は、日本のどこにでも見られる植物で、
その繁殖力の強さにより全国に広がり、道端などでも見かけられます。

ハルジオン (春紫苑) という花名は、シオンに似ている春に咲く菊の花であることから、
ヒメジョオン (姫女) は「姫」は「小さい」、「女」は「中国産の野草」を意味します。

ハルジオンは、手入れが行き届かない家の庭にも咲く風情から「貧乏草」とも呼ばれ、
折ったり摘んだりすると、貧乏になると言われているとか。

ハルジオンとヒメジョオンは、花姿がよく似ているため、
少し見ただけで見分けるのは難しい程です。

ハルジオンの開花時期は4~6月で、ヒメジョオンの開花期は6~10月、
ハルジオンは花の数が多いとか少ないとか、ピンク混じりの花色があるのがとか…
細かい違いを詳しく記載している良いサイトがあるので参考にしてみてください。

ヒメジオンは間違い?ハルジオンとヒメジョオンの違いと簡単な見分け方!
 出典元 春になると地面を彩るハルジオンとヒメジョオン。 正直この二種類の花、とっても似ていますよね。 &nb&
スポンサーリンク

ハルジオン・ヒメジョオンの花言葉

【花言葉】追憶の愛(ハルジオン)・素朴で清楚(ヒメジョオン)

ハルジオン・ヒメジョオンの別名・和名

ハルジオン=貧乏草(ビンボウグサ)
ヒメジョオン=柳葉姫菊(ヤナギバヒメギク)

ハルジオン・ヒメジョオンの基本情報

ハルジオン学名:Erigeron philadelphicus
ヒメジョオン学名:Erigeron annuus

植物分類:キク科・ムカシヨモギ属

原産地:北アメリカ

開花期:4~6月(ハルジオン)・6~10月(ヒメジョオン)

花色:白・ピンク(ハルジオン)・白(ヒメジョオン)

水揚げ:水切り

ハルジオン・ヒメジョオン共に、19世紀末に日本に帰化した植物で、
除草剤に耐性のあるものが出現し、農作物や牧草などの生育を妨害するため、
厄介な雑草として扱われることもありますが、その可愛く清楚な花姿は、
雑草として抜いてしまうのが惜しくなりますね。

コメント